プロが教える無料講座「イラストレーターになるには A to Z」

イラストレーター、絵本画家はただ才能があればなれる成れるという職業ではありません。その職業につくためには知っておかなければならない知識があり、方法があります。そしてそれを知ればあなたも成れる職業なのです。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

編集部へのイラストの持ち込み  

 

イラストの持ち込み part2

では具体的のどこに持ち込めばいいのでしょうか
それは当然イラストを求めている所、探している所に行くのです。

それは音楽関係の会社でも広告プロダクションや代理店
あるいはメーカーでもありません。

今イラストを必要としているところです。
その現場は毎月、毎週、あるいは毎日イラストを必要としています。
そらははまさに新聞や雑誌の編集です。

これら新聞や雑誌の編集部が
あなたのイラストを持ち込む場所はここなのです。

ここは常に最新号の編集をしている現場、
新しい記事に新しいイラストが求められている現場なのです。

あなたはまずこの現場に自分のイラストを持って売り込みに行かなくてはなりません。
怖気づいてはいけません。
ここを突破しなければあなたのイラストレーターとしての未来はないのです。

ではどの雑誌あるいは新聞に持ち込めばいいのでしょう。
そのためにはあなたの絵がどこのタイプか
また、どの雑誌や新聞に好まれるか知らなければいけません。

もちろん闇雲に売り込んでも数撃てばあたる可能性はあります。
ただ、闇雲に100誌も200誌も売り込める精神的体力がある人はいないでしょう。

そのため、ここはじっくり計画をたてて攻めていくところなのです。
慌ててはいけません。
それではまず、あなたの絵のタイプを見てみましょう。

次回はその「イラストのタイプを知る」ところからはじめます。
スポンサーサイト

category: フリーイラストレーター

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。